日比谷ゆめステーション

渡部 由記子が主宰する日比谷ゆめステーションは、指導者の交流と学びの場です

日比谷ゆめステーションでは、勉強会はもちろんのこと、新年会をはじめとする交流会も行っております。指導者としての研鑽をはかるだけでなく、指導者同士のつながりを大切にしています。

日比谷ゆめステーションのホームページはこちらです。スタッフの先生による、公開イベント、非公開イベントの報告などもございますので、どうぞご覧ください。

ステーションでは年に2回、6月と11月にステップを開催しています。2001年のステーション立ち上げ以来、のべ6,000人を超える方が参加して下さっています。

ステップ

日比谷ゆめステーションのステップは、次のような点に特徴があります。

  • スタインウェイという、世界トップクラスのピアノで演奏できる、松尾ホールという、素晴らしい会場を使用しています。

 

  • 日比谷駅の目の前に立地しているため、ご来場にも便利です。

6月のステップには、コンペ課題曲を演奏する方が多くいらっしゃいます。そのため、とてもレベルが高いことでも知られています。

また、アドバイザーでいらして下さる先生方には、「ここは日本で一番のおもてなしだ」と仰っていただくことが多くございます。これは、スタッフの先生方の意識が高く、きめ細やかな心配りがなされているためと自負しております。

ステーションメンバー

80名ほどのメンバーが在籍しています。

ステーション代表 20名
PTNA正会員 23名
ピティナ・ピアノコンペティション審査員6名
ピティナ・ステップアドバイザー 18名
PTNA本部委員3名
ピティナ指導者ライセンス(旧指導者検定)全級合格者 29名

と、実力のある先生方がたくさんいらっしゃいます。

上記の先生方の多くは、日比谷ゆめステーションに入会された後に実力を磨き、実績を重ねられた結果、渡部 由記子が推薦させていただいて、これらの役割を担うようになりました。

日比谷ゆめステーションのスタッフが、ステーションを立ち上げたケースが20もあります。ステーションからステーションを立ち上げているのは、全国でも日比谷ステーションだけのようです。

また、ピティナ・ピアノコンペティションで指導者賞を受賞される先生方も多く、2019年は(渡部 由記子も含めて)16名いらっしゃいました。

スタッフは20代から60代まで幅広く世代を超えて、ピアノ指導への情熱でつながっています。

関東地方に限らず、どこにお住まいの指導者でも、いつでも日比谷ゆめステーションの入会をうけたまわっています。実際、愛知、山形、長野、富山県などからステーション活動に参加されている先生もいらっしゃいます。

入会の条件は1つだけです。
年間に4日開催されるステップで、一年のうち一日はお手伝いできる方

ご興味のある方は、「お問い合わせ」ページよりご連絡ください。

一年間の活動予定(ご参考)

1月 新年会(メンバーのみ)
3月 総会(メンバーのみ)
4月 勉強会(メンバーのみ)
5月 渡部由記子 コンペ課題曲公開レッスン(公開イベント)
6月(土・日)日比谷夏季ステップ
10月 レクリエーション(メンバーのみ)
10月 勉強会(メンバーのみ)
11月(土・日)日比谷秋季ステップ

また、不定期に渡部 由記子の自宅レッスン室